チョークバルブ
チョークバルブ

チョークバルブはスリーブ(弁)の外周をロープで結束、解束、レンズシャッター如き理想的な開口、閉口作動は、他に類例なき機構であり、粉粒体コントロールバルブとしての優れた操作性と信頼性を発揮します。

手動型チョークバルブ

自動型チョークバルブ

エアシリンダー式(標準型) ロータリーアクチュエータ式

ポジッショナー付 自動チョークバルブ

特長

  • 軽量コンパクト設計
  • 材料の通過面に障害物は皆無
  • スリーブ弁の交換はワンタッチ脱着
  • スリーブ(弁)材質は多岐広範囲に可
  • サニタリー・ファインケミカル仕様をクリア

用途

  • 機器の投入、排出口・ビン ホッパー投入、排出口
  • 移動コンテナー排出口 etc

仕様

口径 80A〜600A
駆動 手動式、自動式(エアシリンダ)
材質 アルミ、アルミ(UFコート)、SUS304、PP樹脂
スリーブ弁 各種オリジナルクロス(コーティング各種、抗菌、帯電防止処理クロス etc)
他、汎用素材(ポリエステル、ナイロン、PTFE、合成ゴム etc)

***お客様のニーズに対応させていただきます。***

特殊品

フェルールフランジ式
クランプ脱着に対応。脱着が容易のため移動コンテナーなどに多数採用。
PP樹脂

チョークバルブは多様な用途に使用されています

移動コンテナー用 チョークバルブ

 フェルール加工(クランプ、バンド脱着)により取外しが安易です。

隔壁シャッター用 チョークバルブ

 ホース(パイプ)でも角パイプでもガッチリとホールド、インサート部のシールも完璧です。

各種ダウンロード

↑UP